カプセルコーヒーについて

コーヒーは、今や朝に夕に欠かせない飲み物になっていますが、職場やカフェなどで一息つく際の一杯は格別なものだと言えます。最近では、コンビニなどでも本格的なコーヒーが安価で飲めるようになっていますが、家などでもカプセルコーヒーなるものが人気になってきています。
コーヒー豆は、空気に触れることで酸化が始まるので、市販のコーヒー豆の袋を開けてしまうと、鮮度が急激に落ちるわけです。



それ故、鮮度を保つためには、できるだけ空気に触れないようににすることと、湿気の少ない場所で保管することが必要になります。

通常は、冷蔵庫などで保管されるケースが多いようです。

All About情報収集ができます。

それでも、早めに飲みきってしまうわないと、味は落ちてくるので、家庭で飲む場合は制約が多かったわけです。

それが劇的に変わったのがカプセルコーヒーメーカーの登場で、一杯分が全て密閉されているので、いつまでも鮮度を保つことができ、飲みたい時に最高の状態の豆のコーヒーが淹れられると言えます。


そして、新鮮な豆だからこそ可能となる、エスプレッソのクレマなど、コーヒー豆の持ち味を十分引き出すことになるわけです。通常タイプのコーヒーメーカーでは、エスプレッソメニューとラテメニューが各々3種類あり、抽出量も選ぶことができます。



抽出が終わると自動で止まるので、注ぎすぎる心配はいりません。

また、使用後のカプセルは自動でカプセルコンテナに落ちるので、一々取り外す手間もいらないわけです。
カプセルコーヒーメーカーのタイプによって、ミルクタンクが取り付けられて、本格的なカプチーノ等のメニューも楽しむことができます。