カプセルコーヒーとは

カプセルコーヒーは、あらかじめカプセルの中にコーヒー豆を挽いたものがパックされ、コーヒーメーカーにそのまま装着することで、簡単にコーヒーを抽出することができるものです。

主に蒸気で抽出するエスプレッソメーカーですので、ヨーロッパ式の濃いコーヒーが抽出されます。
カプセルコーヒーも様々なフレーバーのものがあり、ミルクなどが合わせてパックされていて、抽出するだけでカフェラテなども楽しむこともできます。

1パックで1杯のコーヒーを抽出しますので、次にまったく別のフレーバーのコーヒーを淹れることができ、大人数でもそれぞれ好みのコーヒーを淹れられる利点があります。

また、抽出後はカプセルをそのまま捨てることができますので、器具を洗ったりするわずらわしさがありません。

All Aboutに関する情報をご覧ください。

欠点は、各社コーヒーメーカーの互換性がありませんので、そのメーカーがリリースするカプセルコーヒーしか使えないことが挙げられます。

違うメーカーのコーヒーを飲んで、おいしいからと言ってそれを自分のマシンで抽出したくてもできません。



マシンの性能もさることながら、好みのフレーバーによってマシンを選ぶということも選択肢になるでしょう。


また、比較的カプセルコーヒーは高価ですので、ランニングコストがかかります。様々な方が集まっている職場や、飲食店以外の店舗などでサービスとして提供する場合、様々な方の好みをそれぞれ手軽に抽出できるという点は、カプセル式が大きな利点と言えるでしょう。