カフェインレスコーヒーと言うものがあります

一部成分は健康に寄与するとされるコーヒーですが、カフェインと言う刺激物質を含んでいて、嫌煙する健康志向者も多いとのこと。中でも妊婦さん、授乳婦さんなど、赤ちゃんへの影響が不安な場合、コーヒーそのものを諦めるしかない状況も多いのですが、その問題になっている成分、カフェインだけを抜き取ってしまったコーヒーがあります。カフェインレスコーヒー、デカフェなどと呼ばれているものです。

コーヒー豆からカフェインだけを選択的に抜き取る、と言うのですが、現在の技術では残念なことに、コーヒーのおいしさのもと、香り成分も若干同時に抜けてしまうそうです。
しかしカフェインが入っていなくても、健康に役立つ成分や苦みは残っていますし、何より「コーヒー」です。


妊婦さんにも飲んでいただけます。
こういったものは、「あるなら早く言って」と言う類のものです。

知っていると知らないとでは幸福度が大きく左右されることもあるでしょう。大好きなコーヒーを、赤ちゃんのために、一生懸命「見ないようにして」我慢している妊婦さん、授乳婦さんがたくさんいらっしゃることでしょう。



そんなコーヒー党のママさんたちへ、ぜひカフェインレスコーヒーをプレゼントいてあげましょう。



もし我慢しなくてもいい、と分かれば、かなりのストレスが解消されます。

共同通信社について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

コーヒーを我慢して赤ちゃんを待っている奥様へ、お友達へ、お嫁さんへ。

カフェインレスコーヒーは豆の状態からボトルに入ったものまで、ライフスタイルに合わせて選べますので、探してみてください。