レギュラーコーヒーをより美味しく

レギュラーコーヒーの豆でも、挽き方や淹れ方に拘って美味しく飲んでいる方は多いでしょう。

挽き方や淹れ方に対する拘りは人それぞれ、中にはプロ顔負けの知識を持つ強者もいらっしゃいます。


しかし、そんな方々や、拘りの喫茶店でもやっている人が少ない、挽き豆で淹れる際のより美味しいコーヒーを楽しめる方法があります。



これを知っていたら、かなりのコーヒー通と言えるでしょう。



プロセス的には、挽きでもなく淹れでもなく、「挽いてから淹れるまでの間」にひと手間加える事になります。



豆を挽いたら、出来る限りすぐに淹れて挽きたての香りを楽しみたいですよね?しかし、どんな方法で、どういう風に挽いても、挽き豆である限り微粉末が出ます。
この微粉末からは雑味が出てしまい、豆本来の味わいを後味として強く残してしまいます。


ですからこの微粉末を、淹れる前に取り除く事で、豆本来の味わいをすっきりと楽しむ事が出来るのです。
微粉末を取り除く為の専用のシェイカーも作られていましたが、そこまで拘る人が少なかったのか、絶版になってしまっていて、現在は入手困難です。
しかし要するに微粉末が取り除ければ良いのですから、クッキングペーパーの様なものに包んでシェイクするだけでも違いが出ます。ネルドリップでは微粉末は落ちないのですが、あらかじめ取り除く方が雑味は抜けます。

もちろん良い豆でやるのもおすすめですが、レギュラーコーヒーの豆でやってみると、「レギュラーコーヒーで十分だ」と思っていただけるでしょう。